HOME > 北の錦を呑む > 日本人はお酒をどう粋に呑んだか

2014年3月29日栗山の小林酒造造り酒屋をもっと知る会142、江戸の粋の素敵な話と虎目の美しい厚揚げや泡のあさり汁、今年話題の北の錦の新酒の旨さ

P2360016
白い雪に閉ざされた長い冬から、いよいよ春の気配、栗山駅裏の道を歩くとふきのとうが顔を出していました。

P2360020

札幌バスセンターから80分ほど、栗山駅からゆっくり歩いて15分くらいで北の錦記念館へ、日当たりのいい道端にはクロッカス

P2360023
この日の造り酒屋を知る会は35名とすごい人数、当日の朝5時まで準備していたという今回の知る会、いつも以上に気合が入っています。

P2360038
最初に雪を掘ります。何かでてきました。
P2360045
この日の造り酒屋を知る会のために、泡汁用の泡を冬眠させていたそうです。
P2360058
ふたをあけると、辺り一面にいい香り

P2360067
冷水を注ぎます。
P2360073
一気に元気に増えていく泡
P2360077
蔵見学が始まりました。蔵入り口の人形も歓迎しているようにみえました。
P2360093
今年の新酒はとてもおいしくおすすめの北の錦
P2360097
この日、小林家の実家の特別解放、文化財の見学
P2360110
昔の職人の丁寧な造り
P2360120
骨董品の量がすごい
P2360122
とても広くてびっくり、平成26年7月に、ここで、のんびりできる。お茶なども呑めるサロンがオープンするようです。注目の施設になりそうです。
P2360143
お酒の瓶もすごい数
P2360154
部屋がたくさんありすぎて驚き
P2360171
蔵見学をしていると南杜氏の姿、今年のお酒一段とおいしい
P2360197
タンクはきれいに洗浄されてます。
P2360213
日当たりの良い場所はすっかり雪もとけてます。4月12日、13日にはいよいよ老舗祭り

P2360235
今日のテーマのプリントが配られました。とても楽しみな内容です。
P2360238
冬花火 野生酵母の冬花火、いじめないで酵母をのびのびと育てたという今年の冬花火、昨年より甘目の仕上がり、旨い。


P2360315

冬花火いいお酒、お店でみかけたらぜひ呑みたいおいしさ。

P2360225
浜名湖のうなぎの肝、苦味が春の味、お酒にあいます。とてもおいしい

P2360230
日本橋神茂の高級なはんぺんP2360310
下総醬油、木桶仕込み 、きちんとおいしいしょうゆはんぺんにつけていただきます。
P2360252
厚揚げを虎目にやくために、何日間も考え続けて、生み出した、虎目焼き専用器具、微妙な焼き加減を調整できるように工夫されています。考え抜いた苦労が伝わります
P2360261
みごとな虎目をみて、みていて自然に笑みがこぼれます。江戸では厚揚げを焼いたものを”虎”と呼ぶそうです。
P2360313
厚揚げを焼いたのが”虎”、ねぎを斜めに長く切ったものをのせると”竹虎”、おろしをのせると”雪虎”、ネーミングのセンスも素晴らしい江戸文化、小林精志さんが3か月考え続けた厚揚げ焼きすばらしい酒肴の完成

江戸の粋の話の動画その1 虎目の厚揚げ造り

P2360314
とらに極上大吟醸ぴったりあいます。今年の極上大吟醸香をかくして、米の旨みを前面に出したお酒、酸のバランスがよくおいしい。酒と肴がそろったところで小林精志さんの江戸の粋講座が始まりました。今回の知る会、画用紙でフリップを作って用意してあります。力の入れ方がすごい、準備は今朝5時まで続いたそうです。
P2360283
江戸の粋講座のはじまり、江戸は256年平和、すごいことです。ここから、独特な江戸文化の世界に話が発展していきました。
P2360288
普段あまり考えることのない粋について考えさせられました。講演をきいていると、ほりさげがいのある、奥の深い楽しい世界。”風流は生産をしない”名言でした。

動画リンク 江戸の粋の話の動画はじまりその1

動画リンク 江戸の粋の話続きその2


P2360316
うなぎやの2階で男女が食べたという、江戸の伝統食のあぶたま、かつおだしをベースに小魚、みりん、しょうゆに新潟の車麩とお揚げ、卵を入れてかき混ぜていただきます。卵40個迫力も満点、かつおだしのなかで、とろっとできあがっていくあぶたま、わくわく感もすばらしい料理
P2360493
造り酒屋を知る会、一つ一つの素材がすべて本格的、みりん、一味、しょうゆときちんとした本物ばかり。

P2360335
いれた卵が半熟にかたまったときが食べごろ、思わず”うわっ”と声があがります。
P2360348
柔らかい味わい、卵のまろやかな味わい、身体にしみるおいしさ、日本酒にぴったりあいます。
P2360349
登場したのはまる田無濾過生原酒、いつもピンクまる田と呼んでます、このお酒、本当においしくて、とてもおすすめ。お店屋さんで見かけたらぜひ、呑みたいお酒。
P2360357
七厘が空いたところで、はんぺんを串にさして焼きます。1688年創業の日本橋神茂のはんぺん、焼いても、そのまま、わさび醬油で食べてもおいしい。
P2360459
シジュウカラ、R60に続いて年齢制限のお酒、おしゃれなカフェにも似合いそうです。
P2360390
鍋一杯のあさりが登場、江戸の肴であさりはかかせないそうです。
P2360398
深川めしは12合たきあがりました。あさりがたっぷりとてもおいしい。
P2360419
あさりを投入してぱかっとあいた瞬間にお椀にあけて食べるのが粋ということです。大量すぎてよくわかりませんが、ぱかっとあいたときに、ぷくっと泡が出ます。

P2360423
泡の力すごい、さきほどより3倍近くふくらんでいます。発酵パワーすごい

P2360422
蔵元でしか味わえないお料理、今回はあさり汁に泡とても豪華、そのまますごくおいしいあさり汁に、泡を入れるとこくがすごい。
P2360481
泡汁にいただいた、北の錦山廃、しっかりした味わい、いいお酒です。

P2360434
東京大森の海苔特上品、初めて食べます。
P2360439
高級な海苔の違いがよくわかりませんが、七厘であぶっても、いい海苔はしっかり感があります。
P2360442
炙った海苔に深川めし、あさり汁に、北の錦の新酒、うれしい会です。
P2360448
のりに深川めしをまいて食べるのも旨い
P2360455 
小林精志さんの粋の話もいよいよクライマックス、いい話が続きます。
動画リンク 江戸の粋の話その3

P2360466
講演の合間に今度は厚揚げ焼き、小林精志さん手際よく35名の会をすすめています。

P2360470
将来、もし精志さんが江戸情緒たっぷりの厚揚げ呑み屋を開いた時には通いたいと思います。
P2360474
みごとな虎目は小林精志さん3か月の苦心の跡
P2360482
大鍋一杯のあさり汁は大好評
P2360486
虎目の揚げと寅、話の落ちも用意してあり、改めて感心
P2360490
玉ねぎの鉄人特別酒にはいっていたのは、小林精志さん特製ポン酢、造り方も丁寧に教えてくれました。昆布とカツオでだしのきいた日本酒一升を三分の一になるまで煮詰めます。そこに同量の酢と良い醬油を入れて弱火で10分くらい煮るそうで、ポン酢にもすごい原価がかかっていて驚きました。


P2360491
特製のポン酢、これだけでも肴になりそうな旨さ
P2360492
まる田無濾過生原酒、この日あらためておいしいと印象に残ったお酒

P2360496
4月発売の北斗随想を持ってきた小林精志さん
P2360497
自ら味見をします。今年の北斗随想、満足の様子いい出来のようです。
P2360500
北斗随想、昨年よりもさらに洗練された味わい、香りをおさえて、繊細な和食にもぴったりあいそうです。
P2360505
今年の北斗随想、いいお酒、4月から購入できるそうです。

P2360514
熊本の豆腐の味噌漬け、かなり塩分を控えめな甘目の味、冬花火といただきます
P2360529
小林精志さんが味わっているのは小樽の藪半の蕎麦味噌
P2360534
これはおいしい、さすが藪半
P2360583
じっくり寝かしたシュトーレンと冬花火
P2360541
お開きの時間をすぎて、帰る時間となりました。この日、たまたま片付けをお手伝いをすることになり見送ります。みなさん笑顔のいい会です。
P2360510
片付ける前の鍋の中をみるとさらに泡が膨らんでいます。酒麹の発酵力の強さすごい!
P2360599
一仕事終えてお疲れの南杜氏をパチリ北の錦本醸造よく似合います。いいことがあったようで、いい笑顔
P2360609
事務所の2階に上がる階段に住んでいる迷いこんだこうもり、暗くなってきたら動き出すのでしょうか?
P2360613
お片付け食器を洗うと、すっかりと日も落ちてきました。
P2360617
空を見ると、春の訪れを感じる、渡り鳥の編隊、帰る時間となりました。
P2360632
夜は居酒屋おらが村へ

P2360639
お疲れのところ、この日、たまたま都合があった小林精志さん、栗山呑みにつきあってくれました。

P2360645 
栗山の居酒屋、おらが村、いろいろたのんだメニューはどれもおいしくて、栗山で呑むときはとてもおすすめです。メニューにあったあさりの唐揚げ、あさりをたくさん食べたあとですが、ついついたのみました。おいしい。

P2360656 冬花火を呑む小林精志さん

P2360659 味とともに製造月日を確認する小林精志さん

P2360669 
長い酒造りが一段落した春、納豆そばを注文した小林精志さん、おらが村の納豆そば具たくさんでおいしそう

P2360678-001 勢いよくかきまぜる小林精志さん、空気も混ぜ込むようにきれいに混ぜています。

P2360684
混ぜたあとの納豆そばを取り分けてもらいました。とてもうまい。おらが村のおいしいお料理とお酒でこの日の反省会が続きました。
 P2360520
厚揚げに虎目をつける、そこに3か月力を注いだ小林精志さん、風流の心を実践する、江戸の粋を感じました。今後の新たな研究成果の発表もとても楽しみ、目が離せません。いつもながら参加して元気な気持ちになった知る会、ありがたい気持ちになります。

北の錦記念館 北の錦小林酒造のホームページ
栗山町錦3丁目109番地
小林酒造(株) TEL 0123-72-1001
土曜・祝祭日の『北の錦 記念館』へのお問い合せは電話090-8632-6537まで
11月~3月末 10:00~16:00(冬期)
4月~10月末 10:00~17:00(夏期)
年末年始はお休み



HOME > 北の錦を呑む > 日本人はお酒をどう粋に呑んだか

小林酒造(北海道栗山)
書家若山象風先生
日本酒バーもろはく
北海道道産酒BARかま田
ギャニオン
松乃井酒造場
富久長
マルミ北栄店 [ch0]
円山屋今村昇平商店

TAVERNA NARU(タベルナナル)
鮨・懐石 雪峰
余市のjijiyababaya(じじやばばや)
フィアンコアフィアンコfianco a fianco
RICCIクッチーナイタリアーナ
ワイン厨房月光
プロスペレアンサンブル 琴似のフレンチ
平岸の隠れ家、味処高雄
蕎麦切り春のすけ 幸せのめぐり会わせ
日本酒BARもろはくのブログ
そばびより朱月庵旦那のつぶやき
すすきの秋田料理和(のどか)
Sagra(さぐら)のHP
狸小路10丁目mayu繭のチャッピーパン
オットウーノ 宮の森のイタリアンレストランのブログ
gopのアナグラ
トラットリアクボーノのブログ
手打ちうどん寺屋
参醸倶楽部
琴似のバーdiversion ディヴァージョン
the bar nano

円山裏参道レストランauソヴァージュ
イタリアンダイニングクロス
フレンチレストランカザマ
地酒屋醸のパンクロックとプロレス日和
マルミ北栄商店
ワインショップ円山屋今村昇平商店
ようこそさっぽろ~札幌市の公式観光サイト
円山動物園ホームページ
札幌観光協会
札幌市交通局
キテるっ!くりやまブログ
otone(オトン)
porocomix(ポロコミックス)
choi-plusちょいぷら編集ブログ
あやぴん日記
オサナイミカのつぶやき
ハイボール研究所
rioのおいしい札幌暮らし
道産子しろくまの独り言

札幌中央卸売市場ブログ
エーデルワイスファーム
フロンティアフェスタの公式ブログ
北海道焼酎を応援する会+地酒:ワイン
札幌シネマフロンティア
札幌シネマイレブン