Month
11月 2013

2013年冬の小樽水族館ホッチャレから生命の循環を学ぶバックヤードツアー、冬の営業は2013年12月10日から

小樽水族館で11月2日に行われた、ホッチャレから生命の循環を学ぶバックヤードツアーに参加しました。 まずは鮭の死骸がまるまる一匹、長時間かけて自然な腐敗を再現した迫力のホッチャレ水槽へ、死骸のまわりには小魚が泳いでいます [続き]

あいねくらいねはなとむじくで夕食、寒い季節にスタミナたっぷりガーリックライスのハンバーグ

お財布に入り続けて15年、よれよれになったスタンプカードがこの夏満杯となりました。うれしい。カードをにぎりしめて、お店へ、平成10年からのスタンプ、当時のことを思い出すと懐かしい 赤ワインのデキャンタをいただきます。 & [続き]

週末のどらちゃんでおいしいあたごのまつ、カウンタで呑む伯楽星の新澤巌夫さんにびっくり、ミルトンダフ12年のハイボールに安納芋のスイーツで〆

にぎわっている週末のどらちゃん、最初のお酒は小上がりであたごのまつ限定純米吟醸、すっきりとおいしい。 あたごのまつを呑んでいるとカウンタで呑んでいる新澤巌夫さんにびっくり。うれしいことに、どらちゃんのカウンタには伯楽星で [続き]

創成川イーストまぁむきっちんでちょっと早い忘年会、印象的なおいしさ、七品のコース料理とおいしいお酒

  少し早い忘年会をまぁむきっちんで、予算を伝えてお料理はおまかせでお願いしました。どんなメニューが登場するか数日前から楽しみ。エビスビールで乾杯 前菜にまず登場の冷製の三種盛り、マグロ中落ちの磯部和え、ボタン [続き]

ボージョレヌーボ2013年11月21日にちょい呑み巡り、Bar Fujiii、ヴィノスヤマザキ、北の錦まる田七番蔵をはしご酒

ボジョレー解禁のニュースをみて、ちょっと味わってみたいと、仕事帰りに、ワインショップフジイ内のバーフジイへ カウンタの上に2013年ボジョレーヌーヴォ3種呑み比べセットを発見、お値段も3種類味わって600円と軽いお財布に [続き]

西区役所そばの静かな住宅街、どらちゃんで、幸せを感じる味十四代中取り純米吟醸播州山田錦、H25BYの新酒作しぼりたて、あたごのまつ限定純米吟醸にジャックのロック

四季を通じておいしいどらちゃん、特に秋はいろいろなおいしさがいっぱいで楽しい、今年のお米で醸したお酒がすでに登場。作しぼりたて純米原酒H25BYフレッシュな酸と、しっかりした味、おいしいお酒 この日のお通し、口にいれると [続き]

札幌から日本酒文化を発信し続けて20年、祝二十周年もろはく20周年フェア2013年11月13日から11月16日まで

古酒の楽しさ、酒米の違い、燗酒のおいしさ、日本酒の素晴らしい世界を教え続けてくれるもろはくへ、いつもながらすてきな三種盛り、ロールキャベツ、里いもの卵焼き、焼きたらこどれもおいしい あがらの生原酒 あがらとは私たちのとい [続き]

小林精志さんと愉快な琴似はしご酒、ふる里支店、すし圭、イタリアンダイニングクロス楽しいお酒は次の日の目覚めもすっきり

ホテルヤマチの日本酒講座、熱く語った小林精志さんをみんなで誘ってふる里へ、 さあ二次会へと8人ほどではしご酒がスタートしました。この日は記念すべき琴似で初の北の錦日本酒講座がおこなわれた後、小林精志さんと仲間たちご苦労さ [続き]

琴似のどらちゃんで新潟のたかちよと新鮮なかすべの刺身、〆のカティサーク25年のおいしさ

仕事帰りに寄ったのは、どらちゃん。うれしいことに席があいていて、お店の中へ、まずは煮込みをいただきました。 たかちよ 新潟のお酒らしくない濃厚しっかりとしたお酒、扁平精米という、お米の軸方向に時間をかけて精米して醸したお [続き]

祝8周年、琴似の隠れ家フレンチ、プロスペレアンサンブルでおいしいワインとお料理、琴似名物の牡蠣のブリュレとおいしいワイン

家族で急な食事会をすることになり、伺ったのは琴似の隠れ家フレンチプロスペレアンサンブル。。おいしいワインとともに、野澤シェフのていねいな料理が味わえます。この日、お願いしたのはお得な大皿の取りわけ料理で、チーズフォンデュ [続き]

琴似のバーディヴァーションで世界的に広がりをみせるアブサンが54種類、日本最大級のアブサンパーティでイタリアンダイニングクロスのアブサン料理

アブサンと聞くと、モンマルトルの丘でユトリロが呑む姿が想像されます。世界的にブレークしているというアブサン、気をつけないと、その世界にどっぷりつかりそうな怪しい魅力に満ちているお酒です。 この日ディヴァーションのカウンタ [続き]